美大に行きたい!私は偏差値54ほどの高校の、英語を中心に勉強する学科に通

美大に行きたい!
私は偏差値54ほどの高校の、英語を中心に勉強する学科に通っている高校1年生です。その学科は数学は基礎のみ、高1で終わりです。
私自身は絵を描くことが好きで幼い頃からよく絵を描いていて、人並みには描ける自信はあります。
でも、めちゃくちゃ上手いというわけではないです。
この環境、状況でも実技試験対策等すれば美大に行けますか?
匿名

#1

親御さんの理解と資金援助は、あなたが乗り越えなければ成らない必須のクリア事項です。まず、ココをクリアしてください。

五芸大、五美大を志望校にして、
美大予備校に、取り敢えず、週一で通うことを提案します。
そこで、やはり自分には美大の才能が無い、と早期に気付いて志望校を変えるならば、貴方にも親御さんにもメリットです。

偏差値は低いけど、美大ならドヤれる、と美大狙いする人も一定数居ますが、そういう人は私立の底辺に行きます。
最初は五芸大タマムサを狙って下さい。
美大と言っても、ピンからキリまで色々あるしそれはあなた次第であって、すぐにスケッチなどを日頃からあなたの習慣にする事です。

まずは、この本をお薦めします。 『 絵を描きたいあなたに 』 永沢 まこと著

『 スケッチは3分 』( 速ければ速いほど絵はうまく描ける・ちょいスケッチの勧め!)山田雅夫著 光文社新書

『 絵筆のいらない絵画教室 』( 絵を描く事が楽しくなる意識改革の1冊!)布施英利(ひでと)著 紀伊国屋書店

『 スケッチは3分 』( 速ければ速いほど絵はうまく描ける・ちょいスケッチの勧め!)山田雅夫著 光文社新書

・ デッサンも早くからやっておいた方がよいのですが、普通の絵とはどこが違うかを知る事が上達の1番のポイントなので「お手本のデッサンを細部まで忠実に模写」してみると違いがハッキリして来ます。伝記を読むと あのゴッホも殆ど独学でしたが、彼もデッサンの模写をしたからこそ、短期間にあれだけの画力が身に付けられたのだと1つ分かりました。

『 どうすれば上達するかがよく分かる!デッサンの基本 』( 図が大きくて見易い )国政 一真著 誠文堂新光社

『 イチバン親切な デッサンの教科書 』( スケッチ、クロッキーまで一通り分かる!)上田 耕造著 新星出版社 なども。

・ 絶版だったりしても、街の図書館も活用すべきだし、その後も似たようなタイトルで各社から類書は出ているものです。

・ 上の青字の「恒太朗(こうたろう)さん」をクリックすると、ブログに静電気の解消法・デッサン(30番)の解説も。
美大も有名美大も無名のそこそこお絵描きが好きな子が入れる程度の美大もあるので、えり好みしなければ入れるのでは?

就職する気があれば就職に困らない有名美大はデッサン力等必要なので、少々お絵描きが上手なくらいでは合格できません。好きな絵だけではなく、苦手なテーマでもしっかり描けなければプロにはなれないし。
条件がフワッとしすぎているので何とも言いづらいですね。

芸術大学で絵を学びたい、というだけでも、偏差値とかはピンキリです。
特に東京芸術愛岳とかだと、その環境だけでは正直不可能に近いです。

という事で、何処で、どんな事を学びたいのか、具体的に詰めていく事からスタートした方が良いですね。
目標を定めた後なら、自分自身に足りていない事を明確にして頑張るだけなので。
jun**

#5

美大の入試には、数学は必須ではありません。私美大の学力試験は国語と外国語、国公立であれば共通テストの国語・外国語にプラス1科目選択、という美大が多いです。

ある程度以上レベルの美大の一般入試は、学力試験と実技試験の合計点で合否が決まります。(学科と実技の比率は、大学によって色々です。)

学力については、高校受験の偏差値から10くらい引いた低い数字が、大学受験偏差値になります。大学進学を希望する人だけが受ける、河合塾などの全国模試を受けて、入試に必要な科目だけで良いので、そこの偏差値で50台前半くらいをキープできるように頑張ってみてください。

実技については、学校の授業も趣味の絵も部活も受賞歴も、美大に必要な基礎実技力(=実技試験で問われる力)とは全く別です。なので、美術予備校(受験対策ができる画塾)でゼロから修練して受験対策までやります。

とりあえずまず必要なのは、美大への進学についてご家族と話し合うこと。私美大でもOKか、一人暮らしは可能か、美術予備校の費用は出していただけるのか、という家計的な問題があります。

また、お住まいの地域によっては、志望する大学に充分な実技対策のできる予備校が無い場合もあります。

それらをクリアした先で、実技がどれだけ出来るようになるか、学力はどれくらいついて来るか、という問題になります。

美大にもピンキリありますし、入試方式も一般選抜以外に総合型選抜や学校推薦型選抜があります。

ご家族のOKが頂けたなら、美術予備校の無料体験や季節講習などを受けてみながら、美大受験についても情報を集めてみてください。