神社にお参りする事に対する質問です。私は仏教徒ではありませんが、別の質問

神社にお参りする事に対する質問です。
私は仏教徒ではありませんが、別の質問で写経や般若心経を読む事などを勧めて頂き、やってみようと思っています。

家の近所に神社があり、何かあるとそちらへ行って手を合わせていました。

神仏習合の歴史もありますし、個人的にはあまり気にしないのですが、写経をしたり般若心経を読みながら、同時に神社へ行って手を合わせる事は問題無いでしょうか?

出来れば近所の神社には、これからも続けて行きたいので、不徳になる様なら写経等は控えようかな…と思うのですが。
日本は良くも悪くも、そういった事は緩いので気にしなくていいと思いますよ。
神社で手を合わせて「南無阿弥陀仏」とか「南無妙法蓮華経」って言うのはさすがに違うとおもいますけどね
ani**

#2

問題ありません。

仏教は、人智を超えた存在について否定しません。
特に日本に祀られる多神教の神々は、「全能の絶対神ではない」という点において、諸行無常という仏教の世界観のうちに含まれます。

平たくいうと、「生まれた者はいつか死ぬ。それは神様でも同じ」という事です。
逆に言うと、「永遠なるもの」を信じる事は仏教徒として相応しくないです。