50代の場合はどちらがいいでしょうか?老後資金を少しは増やしたいですが5

50代の場合はどちらがいいでしょうか?
老後資金を少しは増やしたいですが50代の場合、一般NISA、積み立てNISA、どちらがいいでしょうか? 50代で働ける見込みがないので、リスクは背負いたくないです。障害年金のみが唯一の収入なので大事なお金は失いたくないです。でも障害基礎年金では不十分なので少しお金を増やしたいです。
積み立てNISAを基準に幾つかの商品を研究しましたが、ローリスクの商品はリスクは少ないものの、リターンも少ない。国内債券、株式が中心。特に国内債券の割合が大きい。少しリターンの数字が高い物は国内株式25%、国内債券25%、外国株式25パーセント、外国債券25パーセント。
ハイリターンのものはリスクの数字が大きい。
後がない私は一体どういったタイプの商品を選べばいいのでしょうか?
本当は投資は余裕資金でやるべきですが何とかこの不幸な境遇を脱出したいです。
なお障害福祉施設や障害者雇用で働きましょう、という回答は望んでおりません。
後がない場合の投資術を知りたくて質問させて頂きました。
dan**

#1

お話の内容だと、より少額の積立NISAと思います。

資産拡大には外国株式100%が期待値が高いですが、リスクを抑えるには、外国株式50%、外国債券50%かと思います。
利回り25%で低リスクな投資があるんならだれでもやってるよ。
25%なんて南米あたりの債権買うのと同じだろ。
115**

#3

資金は月3万円くらいですか?3万円くらいでしたらつみたてNISAですが、短期ではどっち道マイナスしてしまう可能性大です。今年の年始あたりまでの投資ブームに乗って始めた人はNISA等に限らず含み損抱えて後悔している人たくさんいます。15年くらい下ろさない覚悟でしたらそれでもいいのですが。今、インフレ+ウクライナ等で下落相場ですし、今の生活水準を落としてでも投資をすると決断なさったのですか?
yah**

#4

正解はありません。
全て自己責任です。

資金がどれだけあるかで変わります。
NISAだと、120万が上限。
5%配当の株を買えば、年6万。月換算で5000円。
源泉徴収20.315%で1000円分くらい目減りするのが、
回避できるだけ。

積み立てNISAは年40万なので、5%で廻っても
年2万。月換算すれば、1666円くらいにしかなりません。

日本郵政の株を買えば、5%前後で廻っているみたいです。
財務大臣が株主であることを考えれば、株価が下がっても
心配はないかと。
匿名

#5

NISAは迷ったらつみたてNISA一択です。
https://www.youtube.com/watch?v=SVDjU9kuP4Y
gar**

#6

収入が限られていて手持ち資産が僅少ならリスク(不確定性)のある投資はすべきではありません。

ハイリスク・ハイリターンは常識です。

私はあなたより一回り上の世代の給与所得者で30年以上積立投資をしており現在までの平均リターンは年率12%ですが、今年は14年ぶりの最悪な年で、保有金融資産額は年初から25%下落しておりまだ底を打つ気配を見せません。

あなたはそんな下落に耐えられますか?

金額にして2億円です。

悪いこと言わないから、少額づつの1年定期預金にして、今後の金利上昇に合わせて小まめに次の預金にするのがいいと思いますよ。

「足りないから投資で稼ぐ」ではまず成功はしないでしょう。