審神者の方に質問です。私は映画刀剣乱舞→刀ミュ→アプリ→花丸→活撃の順で

審神者の方に質問です。
私は映画刀剣乱舞→刀ミュ→アプリ→花丸→活撃の順で刀剣乱舞を見ていった(?)のですが、元々ゲームがあまり得意な訳ではなく近頃はアプリをあまり開いておりません。まだ沼に落ちて2ヶ月程のド新規なのですが友達には「限界オタク」と言われます。
アプリを普段あまり開かないため知識もとても浅い上に知らないキャラがまだまだ沢山います。
多分アプリから刀剣乱舞自体を好きになる方が多いと思うので少し珍しいかもしれませんが、好きな順にすると刀ミュ>アニメ>アプリです。
こんな私でも刀剣乱舞を好きと言って、刀剣乱舞のオタクだと言っていいのでしょうか.....

#1

そう言う方もいまよ。
2.5が一番好きって言う方

ただ、どうしてオタクと言いたいのかな?それがわからないです。
オタクとは40年程前に特定の趣味にとんでもない情熱を注いで関連知識やアイテムなど所持している人の事を表現した言葉として広まりました。とあるラジオ番組でそう言う人たちが互いをお宅、と呼び合う事からオタクと表現しコーナーを作って広まった一因だそうです。私も聞いてました。(諸説あり)

それが定義とするなら質問者さまは刀剣乱舞オタクではないと言えます。膨大な知識が欠けていると思われます。

一時侮蔑の言葉としてオタクを用いられていた時代も知っているので何故そう名乗りたいのか良くわかりません。

刀ミュが好きなんだ、ではいけないのでしょうか?刀剣乱舞オタクだと言ったら他の審神者にゲームの話を振られる事もあるのではないですか?そうなったら困りませんか?色々言われていますが刀剣乱舞はゲームが元です。刀剣乱舞が好きと言えば当然プレイしていると思われますよ。
eaq**

#2

刀剣乱舞好き、特に刀ミュ好きでいいのではないですか?
確かにゲームが初めにサービス開始したのもあり刀剣乱舞-ONLINE-=刀剣乱舞、とうらぶという呼称が使われることが多いですが、世界観として刀剣乱舞が好きならあってると思います。
好きなものに詳しくないと、とか何年も推さないとってことはないでしょう。小学生が好きな科目を話すのに、飛び級でその科目の博士号を取る必要ないですしね。

ただ、元々刀剣乱舞はメディアミックスが多彩なので「特にゲーム好き」「映画と舞台」「二次創作してます」などの「刀剣乱舞好き+α」で自己紹介することが多いので、そういうものだと思っておくといいかも。
ディズニーでいう、「ディズニー好きなの〜ダンサーさんみるのが好きで〜」「私もディズニー好き、アトラクションメインだけど」「私も好きだけどご飯メインだわ〜」みたいな感じと似てるかな?

コンテンツごとにファンのあり方って色々違うから慣れるまで少し緊張しますけど、アニメ・ミュージカル・映画・舞台それぞれが入り口になった方結構いますから大丈夫ですよ。