ピアノ発表会まで1ヶ月を切りました。今まで大きなミスはなかったのですが、

ピアノ発表会まで1ヶ月を切りました。
今まで大きなミスはなかったのですが、
年を重ねることに、「今年も成功しないと」と
毎年プレッシャーがかかります。
今年は、苦手なオクターブがひたすら出る、
「アルプスの夕映え」という曲です。
最初はいいんですが、中盤の転調部分で、
毎回曲が止まってしまいます。
その後はごり押しで行けるのですが、
そこで曲止まったらどうしよう、、
変な視線で見られたらどうしよう、、と
イメトレで思い浮かんでしまいます。
みんなは、「観客をじゃがいもだと思え」と
言ってきますが、じゃがいもには見えません。
静かで自分に何百人の視線があると思うと不安です。
あくまで発表会で、審査とかはありませんが、
オクターブを届きやすくするコツと、
緊張しないコツとかありますか?
楽譜の上で指を動かすと、逆に真っ白になります。
どうしたらいいんでしょうかね。
気持ちはわかりますがミスしたところで何も起きませんから。
聴衆はあなたにお金を払ってるわけでもないし、超有名コンクールや音大入試みたいにミスったら人生変わるって訳でもないですし。

下の回答者と同意見ですが、上手く弾きたいから緊張するのであって、いつもの何箇所かミスる練習クオリティで良いんです。
*****

#2

だいたいは通して弾けるようになってきたけど、本番で弾くつもりで通すとできない、、、だと仮定して書きます。

各セクションに分けてしっかり仕上げる部分練習をもう1回細かくやってみるといいです。今までももちろんされてきたと思いますが、本番間近にもう一度するのは効果あります。

その一環として、絶対できると思ってもあえて片手ずつ練習をし直すといいです。
弾けるようになると、細かいところがいい加減になりがちなので、この段階の片手練習は効果があります。
細かい音符はリズム練習などもみっちり最初からしてみるといいです。

そして、全体が通るようになったら、面倒ですが右手と左手を別々に暗譜して、片手ずつ楽譜なしで弾けるようにしとくと更に良いです。経験上、本番近くにこれをすると絶対暗譜落ちしないです。
メトロノームをかけて恐ろしく遅いテンポで弾いてみるのも効果があります。

オクターブですが、小指だけ、親指だけで指を開いたまま練習するのも良いです。
掴むように弾きますが、力が入りすぎていないか、横や上から手を撮影して自分で弾き方をみると、改善すべきポイントが分かるかもしれません。指だけでなく、手のひらや腕など全体の弾き方が関わってきます。先生にじっくりみてもらったほうが良いかもです。

緊張ですが、緊張するのは当然と思っていたほうが楽です。緊張するのは普通ですし真面目に向き合っている証拠です。
上手くひこうと考えていると、かえって上手くいきません。
練習以上に弾けることはないですし、6~7割くらい弾けたら◎くらいに考えておいたらいいと思います。
上手く弾けるかどうかよりも、曲と向き合う自分を大切にして、大好きな曲を素敵な場所で弾けるチャンスと考えたら良いと思います。

アルプスの夕映え良い曲ですよね、いろいろ書きましたが気負いすぎず、発表会楽しんでください。