プラスチック新法(2022年4月施行) - とはレジ袋有料化とはちがうん

プラスチック新法(2022年4月施行)
とはレジ袋有料化とはちがうんですか?
原因はなんですか?ポイ捨てとか関係ありますか?
kwt

#1

プラスチック製品がワンウェイ使用だからです。
今は、資源循環の時代です。
レジ袋有料化が、国民の意識改革(レジ袋代の見える化)を目的としていたのに対して、消費者も巻き込んで、製造者とプラスチック製品の提供者にも、プラスチックの循環資源化を促すためのものです。
環境省より、プラ新法の趣旨パンフレットを貼っておきます。
https://plastic-circulation.env.go.jp/
プラスチックのリサイクル率には、熱源として利用する、ブッチャケ、燃やす利用もマテリアルリサイクルとして計上しているのが日本の現状です。欧米では、リサイクルではなく、サーマルリカバリーと呼ばれています。プラスチック製品から同等の品質のプラスチック製品を作る割合は低いです。
例を挙げれば、ペットボトル本体のペットボトル本体への再生があります。これは、飲料メーカーに、拡大生産者責任を追求して、容器包装リサイクル法の下で要求したもので、業界では、ボトルtoボトル活動として、着手しています。
ポイ捨ては論外の行為なので、ご注意を。