最近宝塚が好きになった学生です! 今、公演中の花組の - ・『巡礼の年

最近宝塚が好きになった学生です!
今、公演中の花組の
・『巡礼の年~リスト・フェレンツ、魂の彷徨』
・『Fashionable Empire』
・ ミュージカル、ショーグルーヴは何か、
・ 宝塚大劇場と東京宝塚劇場での違いはあるのか

などの違いなど詳しく教えて欲しいです。

まだまだ宝塚を知ったばかりなので、間違えている所もあると思いますが、優しくお答えして頂けると幸いです!!
ミュージカル『巡礼の年~リスト・フェレンツ、魂の彷徨~』/ショー グルーヴ『Fashionable Empire』

というタイトルのことですよね。
今回『巡礼の年~リスト・フェレンツ、魂の彷徨~』というタイトルの一時間半ほどのお芝居と『Fashionable Empire』というタイトルの55分ほどのショーでセットになっている公演です。

それぞれのタイトルの前についているミュージカル
とかショーグルーブは副題と呼ばれる煽り文句で、その作品の雰囲気を表すためにつけられています。
たとえば『カサノヴァ』という作品には祝祭歌劇という副題がついていました。この副題からお客さんは「ああ、この作品はハッピーエンドなんだな、もしかしたらコメディなのかも?歌はいっぱいあるんだろうな~」と想像するわけです。

宝塚舞踊詩『雪華抄』/トラジェディアラベスク『金色の砂漠』
というのも以前花組でありました。
これは『雪華抄』は和物のショーだったのですがそれらしく宝塚の伝統的な舞踊ですよーとしめしている副題がついております。
芝居の方『金色の砂漠』トラジェディアラベスクは悲劇(トラジェディ)のアラベスクということでなんだかオリエンタルな香りのする悲劇なんだろうな…と想像するわけです。

さて今回のショーグルーヴは「ノリのいいショー」だよと言う感じですし、
「ミュージカル」はそのまんまですね。芝居の方のタイトル『巡礼の年~リストフェレンツェ~~』でずいぶん語っちゃってるからシンプルに「ミュージカル」で結構歌うよって感じにしたんでしょうね