高校古文。「む」仮定の訳し方の質問です。どちらの訳が良いですか?またはど

高校古文。
「む」仮定の訳し方の質問です。
どちらの訳が良いですか?またはどっちでも良いですか?

・花の咲かむを見る。
①花が咲くなら、それを見る。
②もし花が咲くとしたら、それを見る。
花の咲くのを見る

です
仮定の「む」の用法は、慣用表現を除いて現在はありません
古語の「訳」とは現代語に直すことです
現代語にない用法は無理に訳さないのが正しい訳です
②の方が良いです。
「もし花が咲くとしたらその(ような)花を見る。」
でも良いです。

https://kobun.weblio.jp/content/%E3%82%80
③〔仮定・婉曲(えんきよく)〕…としたら、その…。…のような。▽主として連体形の用法。
出典枕草子 思はむ子を
「思はむ子を法師になしたらむこそ心苦しけれ」
[訳] いとしく思うような子を法師にしたとしたら、それは気の毒である。

「花を咲くのを見る」では、確実に失点です。
理由は、言わなくても、質問者さんにはおわかりですよね。