PSG-1をサバゲーで友達に貸したら、トリガーを引くとモーターは動こうと

PSG-1をサバゲーで友達に貸したら、トリガーを引くとモーターは動こうとウニュウニュって小さい音がします。バッテリーが弱ってたのかなと、違うバッテリーで試しても同じでした。
貸す10分前までは、気持ちよく動いておりました。可能性のある原因、改善策を教えてください。
mas**

#1

ラッチ解放すりゃ治る
説明書読んだほうがいい。
kot**

#2

ラッチ開放してからでも撃てませんか?
シリンダー駆動部の何処かに弾詰まってませんか?

ギアの噛み合わせ部分にゴミが詰まってて動かなくなってるのかも。
ant**

#4

購入してどのくらいの期間使って、何発くらい撃ってますか?

マルイの電動ガンは3万発~7万発くらいで
ギアが壊れる程度の設計強度となっています。

純正ギアは柔らかい亜鉛製で作られています。
これは使用するたびに削れていきます。

ギアで負荷を引き受けることで壊れやすくも
修理しやすいよう作られています。

どのみち自分の道具を自分の責任で貸し出していたのだろうし、
問題のない使い方をしていたのでなければ
10分前まで気持ちよく動いてたとかその時誰が使ってたとかは
関係なく起こることです。

自分で修理するか(自己責任)、
メーカーへ修理依頼を行うかを選択してください。
https://www.tokyo-marui.co.jp/support/repair/airsoft/

メーカーでせっかくオーバーホールを行うのであれば
後から別な不具合が発生しないよう、

グリスアップしてもらい、ホップパッキン、軸受、スイッチ、ピストンoリング、カットオフレバー、タペット&ノズルなどギア以外にも摩耗していく部分もついでに交換しておいてもらうように依頼しておくと安心ですね。

それと修理内容や交換時期はあとでわかるよう保管しておくと良いでしょう。