バストロンボーンの奏者はチューバも兼任する場合があるんですか? 答:プロ

バストロンボーンの奏者はチューバも兼任する場合があるんですか?
プロオケ、プロの吹奏楽団であれば、私の知っている限りでは聞いたことがありません。

中高生の吹奏楽部等で、チューバのメンバー不足等で、演奏会やコンクール向けに、トロンボーン奏者やユーフォニアム奏者が一時的にチューバへコンバートすることはありました。

が、「兼任」ではないですね。
兼任というのは、同じステージで、曲によって、トロンボーンとチューバの持ち替えをするとか、今度の本番はトロンボーン、次の本番はチューバ というように、必要に応じてスイッチするということですよね。
nyoro

#2

普通はないです。

ただチンバッソやバルブ式のコントラバストロンボーンは守備範囲でしょう。
そりゃないでしょ。

バストロ奏者でテューバも吹けるヒト、テューバ奏者でバストロも吹けるヒトは居るけど、”兼任”するってのは聞いたことも見たこともない。
たまたまそのバンドの都合で、そのそのステージだけ、本来バストロ奏者だけどテューバを臨時で吹くことになっただけなんじゃねえのかな。
ワシは始めから二番目にテューバ奏者になって今はユーフォニアムメインのマルチプレーヤー。たまにテューバをお手伝いする(本番ステージに乗る)し、練習時だけバストロを代吹きすることがある。

何で、どうしてこの質問になったのかな?
yos**

#4

ありますよ。
phone_

#5

あります!
なくはないね。
ただクラシックの世界だとテューバはテューバ吹きが吹くし、まず聞かないよ。ひとつのステージで両方吹くってのもあまりないね。
バストロンボーン吹きでテューバも吹く人は2人知ってるし、私も過去には吹いた経験もあるけど。
テナーバスというのはF管付テナーと世界的にはいうけど、テナー吹きがテューバも吹くというのは聞かないね。やってもテナーテューバじゃないかな。