1人で出歩くと、誰も自分のことなんか見ていないと分かっていながらも、みん

1人で出歩くと、誰も自分のことなんか見ていないと分かっていながらも、みんなに見られている気がして、息が苦しくなり、動悸が止まらなくなります。1人で人混みに行くと毎回そうなります。いつもは自分の腕を自分で
つまんでぐっと堪えて乗り越えていましたが、この間どうしても涙が止まらなくなり、自分が醜く気持ち悪く感じ、出先でトイレに数時間ほど、篭ってしまいました。今までなんとかなっていたので、そうなってしまった自分にびっくりしてしまいました。誰かと一緒にいる時はそのような事は一切なりません。そして、今まで出先でしかならなかったのに、この間は家でも動悸が激しくなり、不安な気持ちが抑えられず、家にある薬を大量に飲んでいました。特に死にたい願望が強いわけでもなかったので、自分でも自分が何をしたいのか分かりません。原因も分からないので直し方も分かりません。同じような経験をした方はいらっしゃいませんか?
fvc**

#1

トイレにはいってるときは気持ちは落ち着きますか醜いというきもちは負の感情のようなものでしょうか。とにかく泣きたいときは泣いてください、視線恐怖なときは相手の顔をみないようにしたらよいですよ
aik**

#2

不安障害だと思います。
急に息が苦しくなったり動悸が激しくなったり、自分ではどうにもできない体の変化に恐怖を感じますよね。
ここ最近で若者に増えている疾患で、精神科では薬も出ます。勇気を出して受診してみてください。がんばって!
tua**

#3

早く病院にいけ
幸せが遠のくよ
みのり苑の
室内香 沈香 試してみてください

天然の香木だけの線香です
沈香の成分が心身を軽くしてくれます
mak**

#5

病院に通院しているのでしょうか?
文章からみて精神的なものだと思います。自分の生い立ち、家庭環境、トラウマなど、心の余裕があるんでしたら、振り返ってみて下さい。

きっと過去に答えがあります。