数学が得意な人は古文漢文があまり出来ないのはどうしてだと思いますか?僕は

数学が得意な人は古文漢文があまり出来ないのはどうしてだと思いますか?
僕は自慢じゃないですが、数学も数Ⅲをかなりやり込んでいて得意な方だと思います。
しかし、一方で古文漢文も好きです。
知恵袋の数学カテの人は数学に関しては僕よりも上の人も多いですが、古文漢文▪現代文は出来ない人が多い気がします。
三島由紀夫とか芥川龍之介、夏目漱石、森鴎外も読んでいない。方丈記や徒然草にも興味がない。
本当に数学オタクだなと思いました。
そして数学カテの人は数学至上主義というか、数学がこの世で一番尊いものだ!みたいな変な自信を持っている人が多い気がします。
僕は方丈記や徒然草、奥の細道とか夏目漱石を愛する者として、数学カテの人達の数学至上主義と文学に対する無関心▪無教養は残念でした。
数学が得意な人は、文学とか古文漢文があまり出来ない人が多いのはどうしてだと思いますか?
数学が得意な人は、文学とか古文漢文があまり出来ない人が多い?

ただの偏見です
論理思考のできる人間ならこんな根拠なき思考はしません

以上
数学が得意な人の中には裁縫があまりできない人も多くいるでしょう
数学が特別好きな人は少数派で、裁縫が特別好きな人も少数派です。両方好きな人はさらに少数派でしょう。
古典もそれと同じでは。古典を勉強すれば数学も伸びて、逆に数学を勉強すれば古典も伸びる、なんて相関性もありませんしね。