エアブラシ塗装。薄吹きについて。ガンプラ等でエアブラシ塗装を - 始めま

エアブラシ塗装。
薄吹きについて。

ガンプラ等でエアブラシ塗装を
始めました。今は1~2回吹いて
色が乗る感じでやれているのですが、
良く、薄く吹くのを何度か繰り返して
色を乗せるやり方も失敗しにくい。
と見た事が有ります。このやり方だと
単純にパーツを遠目にして吹けば
薄く色がついて、それを繰り返して
目指す発色までやる感じでしょうか?
その感じで最後まで吹くと、ザラザラな面になってしまいますよ。(^-^;
その方法でワザとに吹く場面もありますので無駄ではないですけど。
wpn**

#2

パーツから離して吹けば、ミストが乾燥し、砂吹きになります。
これはこれで、ABSパーツやマスキングへの浸食を避けたりするのに使えるし、メタリック色を吹く時にギラつき加減の調整に使えたりします。

せっかくエアブラシがあるなら、プラ板やプラスチックスプーンを使って、濃度や距離、エア圧を変えてどんな感じになるのか実際やってみるのをオススメします。
hit_on

#3

あまり希釈せずに少ない回数で発色させるのはスプレーガン塗装をエアブラシに応用した方法、薄めた塗料を何度も塗り重ねるのはエアブラシによる写真の修整やイラストを描くときの方法で、綺麗に塗れるのなら どちらの塗装方法でも大丈夫です。
遠くから吹くとホコリの混入の危険度も増します
薄く吹くというのは、塗料を溶剤で薄めに溶いて低圧で吹くということです
但しクリアカラーの場合は、溶剤だけではなく塗料のクリアーも加えて調整します