市役所の駐車場から出ようと、歩道に跨る形で車道に頭を出して待機していまし

市役所の駐車場から出ようと、歩道に跨る形で車道に頭を出して待機していましたら、歩道の通行人から「歩道を塞ぐな」と車体をバンバン手で叩かれました。これは交通法規に反することになるのでしょうか?
その場合、具体的にどの条文に反するのでしょうか?
kat**

#1

窓を開けて、すいませーんと一言いえば済むかもしれません、その通行人もそう言わせたい人種なんだと思います、そしてあなたも言いたくない人種なのかもしれませんん。
khx**

#2

マナーです。なんでも交通法規に反していなければ文句言われる筋合いは無いという考え方はやめた方がいいです。
歩道に入る前の一時停止の際の安全確認の視界が保たれるなら歩道を塞いではいけません。
また、歩行者が接近している場合も歩道を塞いではいけません。

歩道に入る前の一時停止後に『道路の構造上(道路植栽や植え込みで見えない、看板や塀等々で見えない等々)』歩道を塞いで停止、又は徐行で左右の安全が確認できない場合は、歩道を塞いで安全確認して結構です。
歩行者が来ているのに、左右の交通が見えないからといって意図的に歩行者の邪魔をしてもいけません。
あくまでも、歩行者がいない歩道に進入して安全確認の為に停止している所に歩行者が来ても捕まる事はありません。
可能ならバックする事ですね。

繰り返しますが、あくまでも『道路の構造上』という事ね。

シチュエーションによって違うのです。
xxj**

#4

これまでのどの回答も的外れです。

車が路上に出る際に歩道の歩行者の通行を妨げてはいけないのは、「マナー」などという気分の話ではなく、歴とした交通法規として明文化されています。教習所でもそのように教わっているはずですが。道路の構造によっては妨げてもしょうがないなどという馬鹿げた屁理屈も当然ありません。妨げた時点であなたに非が生じます。ましてバンバン叩かれるくらいの至近距離にまで歩行者がいたのなら、あなたの安全確認には問題があったと言わざるを得ません。

道路交通法17条2
車両は、歩道等に入る直前で一時停止し、かつ、歩行者の通行を妨げないようにしなければならない。