2021年7月-8月、パワハラ上司による叱責に耐えかね、うつ病にて休職し

2021年7月-8月、パワハラ上司による叱責に耐えかね、
うつ病にて休職し、
同年9月の復職を経て、現在に至ります。

周囲の当方への当たり方としては、
腫れ物を触る様という、前提はあり、
人間関係の良くない会社ではありますが、
マイルドにはなっております。

しかしながら、2022年現在、
約一年だったものの、憂鬱さ、
会社へ対するネガティブさは消えず、
働くことが苦痛になっております。

ただ周囲がマイルドになっているにも関わらず、
苦痛に感じるということは、やはり怠け者でしょうか。

また、よそへ転職を想定しても、
失敗必至な感じがして、厳しい状況です。

皆様の忌憚ないご意見をお聞かせいただけませんでしょうか。
お手数ですがよろしくお願いします。

また、関東への転居及び転職においての瓦解はあり得ますでしょうか
uie**

#1

なんだか私の過去の状況に似てるのでご回答申し上げます。

私もパワハラに遭い半年ほど休職を余儀なくされ、復職しましたがパワハラのせいで会社そのものへのイメージや士気が下がってしまい、ちょうどやりたい事もあったので転職しました。

貴方も今お辛い状況かと存じますが、
最善手は「自身が仕事を通じて社会の一員として成し遂げたい事や果たしたい事」を見つけることです。

いわゆるmissionを定めることです。

それがあれば、その実現のために頑張り邁進し日々を豊かにすることができます。

それは現職で見つけてもいいですし外に新たな場を見出してもいいと思います。

貴方の場合は状況が状況なだけに、
よっぽど現職でしかできない限りは、
外の世界に新たな活躍の場を求めてもいいと思います。

働くことが目的にならないよう、
働くことが手段となりますよう、
その意義や意味を是非とも探し定めてみてください。

きっと人生が大きく変わります。

応援してます。頑張ってください。