軽自動車を新車で購入を考えてるのですが、ターボを付けるか付けないかで悩ん

軽自動車を新車で購入を考えてるのですが、ターボを付けるか付けないかで悩んでおります。個人的にはパワーのあるターボありが良いのですが、周りの友人とかに10万キロ以上乗るならターボ無しの方が壊れにくいよとか
、ターボ壊れたら修理が高いよと言われており、少し不安です。そこで質問ですが、やはり長く乗るならターボは無い方が良いのでしょうか??また、本当にターボが壊れたら修理代が高いのでしょうか??車に詳しい方、教えて下さいm(_ _)m
ちなみに買う予定の車はキャンプとか好きなのでホンダのN-VANを検討しております。。。
kam**

#1

パワー重視ならターボ搭載車でしょうが、過給機なので
メンテはそれなりにした方が長持ちします。
高性能な機構にはそれなりの費用がかかります。
qqz**

#2

ちゃんとオイル交換してたら10万キロ程度では壊れんよ。

なので男子なら絶対ターボが良いよ。
NAでストレス感じながら乗ってても楽しく無いし。
確かにターボは壊れたり不具合出たら修理費用は高いですが、壊れるまで乗るかどうかです。短時間で10万キロに到達しますか?

ノーマルで乗っている限り、壊れる事は普通はありません。指定された時間内にオイル交換だけで大丈夫です。
壊れると言うかオイル漏れ等が起きるのは経年劣化です。
sti**

#4

適切なオイル交換されていれば10万キロでは壊れません!

10年位前の軽ターボモデルでは、オイル管理悪いと6万キロ程度で駄目になる物もありましたが、今は余り直ぐ壊れたなんて事は聞かないです。

タービン交換となったら、新品は高いので普通は中古かリビルド品を使って8-9万円って所でしょうか?

ターボがあった方が、燃費以外は不満は少ないです。

エンジン回転数を抑えられるので静かですし、人を乗せてもエアコンつけても走りで不満は少ないです。

燃費は確かにNAの方が良いけど、遠出する気にはなれませんね!