熟年離婚について聞かせて下さい。注:長文になっております - 父のモラハ

熟年離婚について聞かせて下さい。
注:長文になっております
父のモラハラ、精神的・言葉の暴力がひどく、一旦母が家を出ることになりました。
娘2人は成人し家を出ており、母は現在独り暮らしの長女の家に寝泊まりしています。
母は金銭的に生きていけないから別居で...と言ったそうですが、父は納得せず、私としてももう母には自由になって欲しいので、離婚して欲しい気持ちが強いです。

ただ、面倒なことに持ち家を購入したのが遅く、ローンが父が80歳までの支払いの予定で残っています。(今すぐ全額払う事も可能な貯金はギリギリあります)

父に譲るか売ってしまえば話は早いのでしょうが、父にどんなに酷いことを言われようと堪えて建てた、母にとっては思い入れの強い家なのです。
母はどうしてもあの家に戻りたい、あの家は譲りたくない!と繰り返し言っています。

父が出した条件は
①家にはこのまま自分が住む、代わりにローン用に貯めている◯千万円は持っていけ。でもそれ以上はダラダラ渡さない、◯千万円が全てだ。
②家を譲っても良い、ローンもこのまま自分が払う。ただし生活費は一切渡さない。(固定資産税の話はこの時は出来ませんでした)

一見、悪くない条件に見えるかもしれませんが、父は年金+現在の給与で月50万円近く収入があります。
母は父に「子育て・家事、一切おろそかにするな」という条件を出され、扶養で働かざるを得なかった為、年金は月6~7万円しか貰えません。母は看護師資格があり、本来であればしっかり稼げるはずだったのを、実質制限したのは父です。

母方の祖母が病気になり、家で面倒を見た際に父は、「こんなやつさっさと◯ねばいい」と言ったり、「こんな病人預かってると話したら、会社で笑いもんになった」とも言っていました。それでも母は、父方の祖父母の面倒を最後まで看て、精神病の義姉の尻拭いも多々してきました。
それでも父は\"やって当然\"と取れるスタンスで母に接してきました。

それなのにこの期に及んで「別居なんて中途半端は無理、第2の人生が待ってるかもしれない」だとか訳のわからない事を言ってる人のせいで、母がこの先金銭的に苦労するのはつらいです。

母が希望する条件は
①家には自分が住む
②ローンは払ってもらう(残額一括返済でも可)
③年金は+月7~8万円もらう(父の年金の1/3程度)
④どんな条件であれ、月々お金を振り込むなんて面倒を父が続けられる訳がなく、最悪使い果たす可能性が十分にある為(酒・煙草・異性、ギャンブルは依存性レベル)、娘に管理してもらう
※固定資産税は自分の貯金で何とかする
※母の貯金は祖母の施設代にまわす
※遺族年金は当然諦めるしかない

というものです。
正直④に関しては絶対に飲んでもらえない条件だと思っています。今回離婚話の発端は、「こんな小遣いでやってられるか、誰が稼いだ金だと思ってるんだ」という、給料日前になるとよくある話からでした。
私の感覚では、サラリーマンの相場の2~3倍のお小遣いのはずです。渡さないと機嫌が悪くなるのが恐くて、母が渡してしまっていたので。
離婚してまで小遣い制では、納得いかないでしょう。

弁護士にはどうしても手段がない場合や、モラハラで慰謝料を貰える見込みがあり、そのほうが結果プラスになるのなら
私と姉がお金を出してでも依頼する予定です。

ここをこうしたら?とか
こういう書類を作ったら、万が一のときに役立つよ!等、何か策はないものでしょうか?
毎月の支払いを個人間で自動振込/引き落としに出来たりするものなのでしょうか?
振込が滞った際に、効力を発揮する書類はございますでしょうか?
父と話す回数は極力減らしたいので、ある程度こちらで話をまとめておきたいのです(>_\u003c)

父は今、年金+給与で収入がかなり多いのと、面倒くさいのが相まってかなり雑な状態です。この間に条件提示・必要な書類を作ってしまおう作戦です。
母がいなくなって、家もどんどん汚なくなっているので、早くこの件を片付けたいと思っています。

アドバイス頂けますと幸いです。
要点が纏まらず申し訳ございません。
そのお家はお父様名義なんですよね?

お父様名義でまだローン抱えてるなら
お父様が家を出てしまうと銀行との契約違反で一括返済か競売にかけられますよ。

お母様が住みたいならその家をお父様から買い取る又はお父様と一括返済後賃貸契約結ぶ。

残念ながらお母様の希望は大きすぎます。
離婚する時は財産分与します。
それ以上のローンや生活費は請求できません。
年金は年金分割をしてください。
お父様の資産を娘は管理できるはずがありません。

一度無料でいいので弁護士相談に行ったらいいと思います。
離婚とは結構ドライでその後の生活など自分でやっていくしかないんですよ。
kus**

#2

多分書類を準備してとかいうことでは無理でしょう。当事者だけの話し合いでは、望む結果どころか、何らかの答えを出すことだけでも無理だと思います。

家庭裁判所での調停離婚を考えましょう。もちろん、その場合にどうなるかは、具体的には分かりませんが、家については難しいと思います。家の今の査定額からローンを差し引いた額を折半するということが精一杯でしょう。

貯金やその他の資産についても折半が原則です。年金は年金分割という手続きをして、婚姻期間中の納付記録を折半する形になります。

大変失礼ですが、そうした話を読んでも具体的イメージは分からないだろうと思います。お父さんの財産については、どこにどういうものがあるのかをあらかじめヒントだけでも把握しておくなどの準備も必要です。
調停自体を弁護士に手伝ってもらうかどうかは今後の判断として、まずは、弁護士に相談してみましょう。相談だけならそれほど高額ではない場合も多いですよ。そして、法的に実現できる範囲をきちんとイメージして、離婚に向けての戦略戦術を固めておくべきだと思います。