至急です - けいほうについて誰か知識のあるかたかいとうおねがいします、

至急です
けいほうについて誰か知識のあるかたかいとうおねがいします、、
正当防衛(刑36条1項)の成立要件に関する次の1〜3までの各記述を判例の立場に従って検討した場合、正しいものはどれか。 
1.正当防衛は、急迫不正の侵害に対して成立するから、反撃行為を行なった者が侵害を予期していた場合には正当防衛は成立しない。
 2.やむを得ずにした行為として正当防衛が成立するには、防衛行為が侵害に対する防衛手段として相当性を有するものであることを要するから、防衛行為によって生じた害が避けようとした害の程度を越えた場合には、正当防衛は成立しない。 
3.急迫不正の侵害がないのにあると誤信して、防衛の意思で反撃行為を行った場合、正当防衛は成立しない。
この問題の出典はどこか?
私見は3が正しいと思います。
1。侵害が予期されていたとしても、ことさらその機会を口実として加害しようとしたのでなければ、正当防衛の成立は妨げられない
2。例えば強盗に反撃して、結果的に相手が死亡したとしても、それのみで相当性がないとは言えない。
3。事実の錯誤として正当防衛に準じた扱いになる(誤想防衛)が、それを正当防衛とは言えないと考える。
sin**

#2

2.と3.が正解だと思います。

1.について
侵害が予想できたとしても、事前に対抗手段を講じることができない場合があり得ます。そうした場合には正当防衛が成り立たないとすれば、自己防衛の手段がなくなってしまいます。