ずっと謎だったのですが - 戦闘機の柄って迷彩?だったり黒だったり緑だっ

ずっと謎だったのですが
戦闘機の柄って迷彩?だったり黒だったり緑だったりが多いじゃないですか?
だったら黒単色、とかじゃなくて飛行機を見上げた時に見える面を水色、
上から戦闘機を見下ろした時に迷彩柄、とした方が魚の青物と同じ原理で下からも同色で見えずらい上から攻撃しようにも明細で見ずらい的な感じにならないんですか?
確かに音や飛行機雲で完全に雲隠れというのは無理でしょうが戦闘機と戦った場合は
見ずらいと思うのですが下の図?のようにすれば見ずらい上に1番配色で合理的だと思います天気に合わせて色合いを変えたりしたらもっと良いと思いますなぜじつようかされないのですか?

画像

som**

#1

第2次世界大戦のころから、軍用機は大抵下から見ると青っぽい灰色、上から見ると迷彩柄やグリーン系統なんですが・・・
青空のイメージがあるかもしれませんが曇っていたり晴れていても雲があったりするので灰色の方が視認性は低いです
因みに黒っぽい塗料と言うのはステルス塗料でしょうが、今のところ黒か灰色しか開発できません、空自のF35は日の丸すら灰色です、緑系統など開発できないのでしょう
いや、大抵の場合はそうなってますよ。
上から見た場合は地面や海上に紛れる塗装で、下から見た場合は空の色に紛れる水色やグレーで塗装されています。

黒単色なのは単に夜間運用を目的としていたり、ステルス塗料の関係でそうなっているだけです。

天気に合わせて塗装を変えるのはクッソ手間が掛かるからやらないだけです。