吹奏楽部って何でこんなにもブラックが当たり前になってるんですか?毎日部活

吹奏楽部って何でこんなにもブラックが当たり前になってるんですか?
毎日部活があるのはまだ良いんです。部活好きだし、部活に力を入れてる学校って事は分かってたから覚悟してましたし。それなら頑張ろうと思えるんです。部費が高いのもユニフォームが高いのもお母さんには感謝しつつしょうがない出費だと思ってました。
先日、夏休みの予定表を貰って、毎日部活があるなぁ、頑張ろって思ってて、ホール練習が1日ありました。時間は朝8時から夜18時。この時点でマジか、となりましたが、前にもホール練習があったので、そんなもんか…ってその時は思いました。でも、よくよく場所を調べてみると、往復3時間はかかるし、お金も行き帰りで7千円弱かかります。朝6時の始発に乗って、何とか間に合う、くらいの所。+もろもろ経費。私の高校は私立なので入学金が30万だったり、もう、親からお金をどんどん持っていくような学校で、生徒も金銭感覚バグってる人が多いのですが、我が家は裕福ではなくて、大きな額を見る度私は申し訳なさを感じてしまいます。そんな中で往復7千円弱は…確かにホール練習が大切なのは分かってますが、絶対にこんな遠い場所でやるべきなのか、とも思ってしまいます。お母さんに相談したら休めば?と言われました。でも、ネットや友達は行くべき、休むなんて有り得ない!って感じで、もう意味がわからないです。吹奏楽部にいたら、金銭感覚バグるのですか?ブラックな環境が当たり前になっていくのですか?普段の練習は毎日ちゃんと参加したいし、コンクール頑張りたい気持ちもあります。でも、このホール練習は抵抗があって、どちらかと言うと休みたいです。何か、意見ください。ホール練習は何としてでも行くべきでしょうか。吹奏楽部がブラックなのは当たり前でもう変えられないのでしょうか。金銭感覚がバグるのは当たり前なのでしょうか。お母さんいつもありがとう、ごめんね。どれだけ金を取られるのか、本当にお母さんに申し訳無いです。
> 吹奏楽部って何でこんなにもブラックが当たり前になってるんですか?
質問者さんが所属している私立の高校の吹奏楽部の活動が盛んなのでしょう。

「吹奏楽部」と一口に言っても、活動の内容は公立、私立でいろいろです。
かかる経費もそれぞれ。
私立で活動が盛ん、かつ 部活動をアピールしている私立の場合は、経費が高くなる傾向にあります。

公立の場合、学区があるでしょうから、自宅から学校までの距離や通学時間は一定の幅で収まります。
私立の場合は、地方自治体をまたがる場合もあるでしょう。
なので、通学の利便性は人それぞれです。

質問者さんの場合、自宅から学校までが遠く、かつ部活動が盛んな私立高校の吹奏楽部に所属しているのではないですか?
ある意味、特殊な状況、環境です。
一般論で「吹奏楽部って」ではなく、そういった特殊な環境下であること。
それが今後も卒業まで続くこと を考えて、やっていけるのか を考えた方がいいのでは?
mac**

#2

部活動にお金がかかるのは大変ですよね。私の子供は運動部ですが、ユニフォーム代とか遠征費とか、かなりの出費です。他県への遠征(練習試合)もありますし、夏休みには合宿で数万円飛んでいきます。

ホール練についてだけ書くと、コンクールで上位(県大会の上位入賞)を目指す学校は、どこも一度は「ホール練」をやっているだろうと思います。狭い教室での練習では、パート間の音量のバランスなどが分からないですし、演奏する側も、教室とホールでは吹いたときの感覚が全く違います(音が全部ホールに飛んでいくので、周りの音が聴こえなくなります)。そういうことに慣れておこう、というのがホール練の主旨だと思います。

質問者さんがコンクールメンバーなら必ず参加した方が良いです。ただ、メンバーでない(見学のみ)なら、高い交通費を出してまで行く必要はないようにも思います。
そんなにお金がかかるかどうかは学校によります…それくらいのお金はなんの疑問も持たず楽に出せる人ばかりがいる中に入ってしまったのが、なんと言うか不幸の始まり?違うかもしれないですが…

そちらのホールが例えば本番と同じ場所なら大いに意味がある…のかもしれません。そこまでに、見合った練習をして臨むという予定かと思われます。ホール練習で9:00~18:00と言うのは、アマチュア的には比較的普通かと…ホールにもよるのですが、利用区分が午前・午後・夜間なら午前・午後の区分かと思われます(2時間ごとのホールなどもありますが)。仕込み・片付けも考えると練習時間はそこそこかと。合間の休憩、お昼の休憩などがきちんと考えられていないならブラック味が増しますが。

前にもホール練習があったとの事ですが、その時の練習は出したお金、かけた時間に見合ったものでしたか?そうは思えないから、今回は遠いのもあって特に高いと感じていたりするでしょうか。

もしかしたら、望む日程でホールが上手く取れずに遠くのホールになってしまった可能性もあります。本番と同じホールなのか、単純に遠いのかでもお金の意味合いは変わってくるでしょう。更にもしかしたら、学校からはそんなに遠くないけど、質問者さんの家の場所の関係で遠い可能性も…家が同じ方向の人で、親御さんが車で送ってくれるなんていう人はいませんか?そういう人がいたら、ある程度お礼は考えた方がいいと思いますが、一緒に乗せて貰えないか聞いてみては?(長時間で慣れない相手だと苦痛かもですが…)

言われるまま、なにも考えずに練習したりお金を出したり、出してもらったりするよりも、引っかかった時によく考える必要はあると思います。
お金の話はここでは解決できないので顧問に言ってください。
ですが、ホール練習はコンクールに向けてイメージを広げたり、ホールに行かないと分からない感覚をあなた達に持たせるためにあると私は思います。楽器が上手くなりたいのであれば行くべきだと思いますよ。行くか行かないかは勝手ですが、、、。
それと、時間をかけてまでということはそれくらいの価値があると考えた方が良いのでは?もしバスで行くのだとしたら、バスの中でみんなで歌合奏したり、曲を聞いたりなど有効に使えますよね。もっと頭を使って部活するといいですよ
片道1時間半で3500円かかるってどういう場所ですか?経路にタクシーとか特急とか入ってませんか?何か勘違いしていると思います。
難しいところですね。
気持ちはよくわかります。
うちは公立ですらきつい出費だったので。

金銭的にも、時間的にも負担が大きい。
お金に余裕がある家で、部活に命かけてるくらいの人なら
なんの問題もないかもしれませんが、
勉強や他のことなどにも時間を使いたい人もいるだろうし。

いろんな視点で知ってること思ったことなど書きます。

★『吹奏楽部って何でこんなにもブラックが当たり前?』
まず時間について

●吹奏楽に限らず、上位大会などを目指す部活は練習量が異常。
運動部ですら、1日練毎日に近い、なども聞いたことがある。

●運動部は体力的にも熱中症対策の観点などからも、長時間練習はマズイ、休日をはさまないと良くないという認識が広まりつつあるので、個人的な印象では、運動部の1日練や休み無しは減ってきている気がします。

●一方で吹奏楽は体力的に、運動部ほどの消耗がないのは事実で、(いや、大変なんだけど、それでもやはり運動部と比べれば)、1日練や休み無しに問題を感じたり、抵抗が少なかったりする。

●『私の高校は私立』→公立だと、1週間のうち、休養日(部活無しの日)を2日以上設定しなさい、という指示が県教育委員会から出ていて、学校全体として厳守している公立もある。あまり気にせず無視している学校または部活もある。私立だと県教委の管轄外になるので、無関係に活動する場合が多い。私立でも、自主的に県教委の考えを尊重する場合もある。

★『吹奏楽部って何でこんなにもブラックが当たり前?』
金銭面について

●どのくらいお金をかけているかは、学校、部活によって雲泥の差がある。

●私立で活発な部活、上位大会を目指す部活は、莫大なお金をかけている印象。

●吹奏楽で言えば、大会を見ても、私立の方が圧倒的に、高額な楽器を大量に使っている。ユニフォームも。外部指導者、ホール練習、合宿、移動、あらゆる面で、「お金をかける価値がある」というスタンスで、お金をかけている。実際、何に関してもお金をかけただけ良いものであることは間違いない。

★『金銭感覚がバグるのは当たり前なのでしょうか。』

●同じように無理してお金を出している家もあるかもしれません。
●子どものためならなんだって、という感覚で、無理する感覚がマヒしている親もいるかもしれません。
(あなたの親がどうだとか、何が良い悪いとかでなく)
●金銭的に何の問題もなく出費できる家もあるでしょう。
●色んな家があるということを大前提に。
●私立高校、私立の吹奏楽、ある程度お金がかかることは予想していたと思いますが、それが、あなたの想像をはるかに超えてしまっていた、ということではないでしょうか。
●人によっては、それを「あなたのリサーチ不足」などと思う人もいるかもしれません。ただ、入学する前、学校を選ぶ前にそこまで考えることができる人(当時中学生)は多くはないのではないでしょうか。あなたの感覚や想像は決して責められるほどのものではないと、私は思います。

★『往復7千円弱』について
●どこまでその計算に入っているのかわかりませんが、
・バス移動費往復(または1日計算)
・トラック依頼往復(または1日計算)
・遠出の移動は、バスやトラックが会社に戻るデメリットもあって、1日で計算する場合もあります。
・ホール使用料、ホール備品や空調費など様々かかります。
・その日に指導者入れているなら、指導料
・バスやトラックは人数や楽器の量によって、1台や2台ピッタリくらいの場合と、1台や2台だとちょっと足りないからもう1台の場合とでは負担割合が結構変わります。
などなど考えると、そのくらいは全然ありそうな気がします。

★『ホール練習が大切なのは分かってますが、絶対にこんな遠い場所でやるべきなのか』
『こんなお金と時間をかけてまで絶対ホール練は行くべきなんですか?』
●『絶対』『必要』かと言われれば、そうではないと思います。
●ホール練習→できるだけ本番と同じ、または似た構造と規模のホールでやりたい。
●ホールは違っても、ホール練習の回数をこなして、響きになれたい。
●ホールでは自分が思っていた音とまったく違う音になってしまっている場合が多い。学校でできる練習とは別次元で、本番に向けた価値が高い。
●ホールはどんどん埋まるので、近くのホールが空いているとは限らない。●ホール予約は先着や抽選で決まるところも多いので、理想のホール、理想の日程で使えるわけではない。
●指導者を入れている場合、指導者の予定とホールの予定を合わせたい。
●これら色々考えると、『遠いホール』が理想の場合、仕方ない場合もあると思います。

★『絶対ホール練は行くべきなんですか?』
自分だけ休んでもいいか?という意味についての話です。
●『絶対』ではありません。あくまで部活ですし。
●1人違うだけで、音量バランスが変わる→ホールで確認したい調整ができない→ホール練の価値が下がる
●そのことでパートへの負担もある。
●1人だけの部分があるなら、その音がないと困る場合もある。

★『吹奏楽部がブラックなのは当たり前でもう変えられないのでしょうか。』

●1人で悩まず、友だち、先生、部に関係ない信頼できる先生などに相談してみては。
●一部の友達には相談済みのようですが、「今回のホール練」だけに焦点を向けた話のように聞こえます。ここまで色んな事情すべて話したのですか?部員全員に相談しましたか?
●事情すべて話した上では、意見が変わるかもしれません。
●部員全員の中には、あなたと同じように考える人がいるかもしれません。
●意見を聞く会やアンケートなどがあってもいいかもしれません。
●顧問の先生や、他の先生、色んな考えを持っている可能性があります。「当然だ、問答無用」「大変なのはわかるけど我慢しろ」「活動に理解できないならやめろ」という厳しい人もいるかもしれません。
「そっか、事情知らなくて悪かったな、ちょっと考えてみよう」
「同じような人もいるかもしれないね、全体の意見を聞く機会をつくろう」
「金銭負担が減らせるところがないか、みんなで相談しよう」
「他の先生とも協力して、顧問の先生にも相談してみるよ」
など、親身になってくれる先生もいるかもしれません。
●ちなみに私は進学校だったので、「部活の目標、活動量と受験勉強のバランス」という点が1番の課題でした。実際、受験優先でやめた人もいます。話し合いの機会をもうけ、みんなの意見を聞きながら、妥協点をつくりました。もっと部活メインにしたい人も、もっと部活減らしたい人もいましたが、やめるよりは今の仲間で頑張りたい、というところが実は1番共通した願いでした。
人によってはそれを「なれ合い」という人もいるかもしれませんが、私たちにはそれが大切なことでした。

私個人的な思いとしては、
●お金をかけまくっていい賞をとるより、無理しない範囲でできる限りの工夫をしてどこまでいけるか、という結果の方が心に残る気がします。
●金持ちが得する社会より、金持ちでなくても頑張る人が幸せを感じる社会が好きです。
●いい賞より、好きな人、頑張りたい人が気持ちよく音楽をできることを大切にしたい。
●とは言っても集団である以上、全員の環境、全員の気持ちは違うから全員に同じレベルの「気持ちよく音楽できる」が成り立たないこともわかる。
●でも、気持ちを伝えずに、互いに知らないまま状況が変わらないより、
気持ちを伝えた上で、自分にとっての状況が好転しても悪化しても、行動してみた方がまだマシかな、と私なら思います。

どうか、吹奏楽・音楽が好きなあなたが、気持ちよく頑張れるように、
吹奏楽・音楽を嫌いにならないように、願っています。