レジンの熱伝導率を高めるために、真鍮粉を混ぜて、型に流し入れ、自然乾燥で

レジンの熱伝導率を高めるために、真鍮粉を混ぜて、型に流し入れ、自然乾燥で乾燥させようと思ってるのですが、問題ないでしょうか?
run**

#1

自然乾燥はしませんね。
sak**

#2

レジンは何を使うのですか?
自然乾燥とは…?
レジンは乾燥しないと思いますが…樹脂に乾燥とかあるのでしょうか。

もしかして何もしないで硬化させると言う事かな?
UVレジンは熱で固まる訳では無いため、もし真鍮粉を混ぜて不透明になれば、UVを通さなくなり固まらなくなります。
UVライトが無くても太陽光で固まりますが、レジンを不透明にしてしまうと、やはり光を通さないので固まらなくなります。
また、エポキシレジンなら2液性レジンなので、二つの液体を混ぜた時点から固まりだします。
何もしないでと言うよりは、混ぜ合わせたら固まり出すという感じです。
この時量が多いと混ぜているだけで熱暴走を起こす時がありますから、金属を混ぜてどうなるかは分かりません。

また熱に弱いレジンに、更に熱を通しやすくするとは…?
レジンは硬化後40度以上になると柔らかくなり変形します。
また、硬化時にレジン自身が発熱します。
なぜレジンに熱を通すのかは不明ですが
レジンは消防法第四類に入る危険薬物です。
エポキシレジンは用法容量を守らないと、熱暴走で沸騰し始め焦げて発火しかけるなんてある話です。
なぜそうしたいのかわかりませんが、私はお勧めしません